5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【F15】ファイターパイロットのトレーニング【耐G】

1 :無記無記名:2008/07/19(土) 16:14:41 ID:SvmXpCXP
どんなの?

2 :無記無記名:2008/07/19(土) 16:17:21 ID:eLzwUmpf
首トレ

3 :無記無記名:2008/07/19(土) 16:29:54 ID:0mf9cmJc
>>2
いんや、全身トレしてるよ。

4 :無記無記名:2008/07/20(日) 09:50:07 ID:DQQ8jKuo
Gスーツというのがあり
高機動中には下半身を締め付け
脳の血液が下がりっぱなしのブラックアウトを
起こさないようにする

だが、下半身を締められると痛い!

だから足や腹部のトレーニングを欠かせない
機動中にこの部分の筋肉に力を入れて耐える
こうすれば血液も下がらない

5 :無記無記名:2008/07/20(日) 09:53:22 ID:fSbWSBqk
なるほど、カーツなわけですね。

6 :無記無記名:2008/07/20(日) 09:57:23 ID:DQQ8jKuo
今ではスティックと各種動翼は電子機器で接続されていて
機動方向だけ入力すれば対する動翼操作を自動的にやってくれるが
かつての戦闘機(レシプロ機および初期のジェット機)では各動翼を動かせる自由度が高かった

上下左右に動く最低限の動作はワイヤやテコや油圧で繋がっていたとしても
特別な補助翼を空戦中限定で使ったりして
そこに手を伸ばす必要もあったが、

高Gだとそこに手を伸ばすのも大変だったという

更に零戦なんかは間に油圧もテコも無かったので
操縦桿をいっぱいに引く力は120kg(俵2つ)は必要だったという

今では1つのスティックに各種ボタンが付いているが
そのボタンの数は未だに20個とかある
これを操作するには地上でもピアニストのように器用な指がいる
その上で、高Gではこれが更に困難になるという

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)