5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

基礎とモーグルでコブの滑りを語るスレ14こぶめ

61 :60:2008/01/13(日) 07:33:14
>>54
> 「ジョニーモズリーのモーグルの極意」ビデオでは
> 先落しが早すぎて、スロー再生でやっとスキーの裏が見えるくらい。
> どうしたら、あんなに素早く先落としできるんすか?
 
確かにジョニーモズリーの先落としは凄いですよね。ジョニーの場合、先落としに
限らず、ターンそのものが凄い選手でしたが、間近で生の滑りを見たことありますが、
彼の場合、適度にコントロールされた本番ランよりも、練習中に見せる滑りは圧巻で、
ご指摘にもあるように、先落としに標準を合わせてみると、『スーパー先落とし』と
言えるほど凄く速い先落としでした。
 
非常に速い落下速度の中、彼のような素早い膝の切り替えしと先落としに
少しでも近づきたい気持ちは良くわかりますが、ただ単に先落としを速くしようと
思ってもできるものではありません。まず速い落下速度の中でも、破綻しないターン
コントロールができるという前提が必要ですし、ターンコントロールの中の1つの
技術的要素に『先落とし』があるわけですから、先落としそのものを速く行おうと
思っても無理がありますよね。
 
先落としの具体的なことは、別スレで昨日書いたものがありますので
そちらを見ていただくとして、
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/ski/1170946840/292
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/ski/1170946840/294
その中の【踵を自分の尻側に引く意識動作】というのは、マックス吸収時に
僅かに後方にいった重心位置の修正行為も含まれますので、意識しなくても
自然にできるレベルまでしっかり体得したいものですね。

速い落下速度を維持する中、破綻しないターンコントロールをし続けるには、
スキーの中心に乗り続けなければなりませんし、その為に周りの人からは見えない
微調整行為として、【踵を引く意識動作】があるわけです。つまりこの意識動作は
『先落とし』と『スキーの中心に乗り続ける』という2個の目的を
同時に遂行する為に必要な重要意識動作になるわけですね。

317 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)